日本生命の入社式

スポンサードリンク

毎年4月1日は、多くの大企業が入社式を行う。日本生命の入社式もこの日に行われた。少子高齢化の採用状況の中、採用された新入社員は気持ちも新たに入社式へ臨んだ事だろう。入社式は、社長の祝辞が必ずある。日本生命の入社式の社長祝辞は、日本生命の社風を表している。昨年から、大きく取り上げられた、コンプライアンス問題の解決についての取り組みや、世界的な金融・経済の展開等について実績報告があり、次に日本生命の会社について話された。消費者のニーズに合った仕事ができるプロになる事。環境変化の激しい社会の中で変化に対応できる力を持つ事。今年は創業が120年との事である。この節目に入社した新入社員に対し日本生命の岡本社長は、大きな期待と、可能性を新入社員に求めた挨拶であった。情報交換、議論を通じて協調性のある人間関係を構築する事等、意義深い内容の日本生命の入社式だった。人事担当者は、業務が広がる中で、個性を持った、優秀な人材を探したとの事だった。

日本生命の入社式と採用状況

日本生命の入社式を迎えるまでの採用状況については、今の時代を象徴している。海外進出や、保険販売の激化に伴っていろいろな個性を持った人材を採用した事だ。日本生命の入社式を迎えるまでの採用状況は厳しい。特に転勤の多い総合職は、関東や近畿の大都市圏からの採用が多かったが、東北や中国地方など十数道県の大都市地域以外からの採用増加も目立った。地方独自の情報を持っている若者の、採用は、企業内の活性化に繋がるものと期待されている。日本生命のみならず、大手生命保険会社は、地方の採用を重視し始めている。各地方へ出向いての就職説明会が活発である。就職状況が都市部では人材が十分に確保できない事情もあるようだ。今後は、サブプライム問題等で、減速傾向にある経済状況下、地方の採用が何処まで進められるか、不透明な部分も見逃せない。日本生命の入社式を迎えるまでの就職活動はこれからが正念場である。

日本生命の入社式と野球部

日本生命の入社式と野球部は、一見、無関係にに感ずる人があると思うが、日本生命の野球部は、都市対抗等のアマチュア野球界で活躍している。アマチュア野球界の発展と日本生命のPRともなっている。日本生命の入社式に、野球部の活躍を知って参加した関係者がほとんどではないだろうか。昨年の成績は、20試合中14勝を上げ、その内2試合がコールド勝ちである。創部は1929年と古く、西日本でも有数の社会人野球チームである。都市対抗では3回の優勝、日本選手権では2回の優勝経験を持ち、輝かしい成績を収めている。日本生命野球部は又、多くのプロ野球選手を輩出している。今年、中日ドラゴンズからMLBのシカゴ・カブスへ移籍した福留孝介選手を筆頭に、日本ハムの新谷博投手、東北楽天の大島公一内野手、横浜の仁志敏久内野手、オリックスの下山真二外野手等何人もいる。日本生命の入社式を迎えた新入社員たちは野球部を頼もしく思うだろう。

最新情報


おみくじは 


ラッキーカラーは くるみ色


ラッキーな場所は 回転寿司


本日は2014年11月21日です。現在、18時54分02秒。

スポンサードリンク

関連ページ