両面テープ透明なもの

スポンサードリンク

両面テープで透明なものが欲しいという場合があります。例えば、両面テープを使って貼り付けたい紙が薄く、下が透けて見えるような場合に、スマートに貼りたいとか、あるいはプレゼンの会場にプロジェクターなどがなく、パソコンが持ち込めない上に、ホワイトボードなどのマグネットで貼り付けるようなものもなく、白紙の上にプレゼンに必要なアイテムを貼り付けていくといった作業が必要になることもあるでしょう。また、最近では省エネ対策として窓に断熱効果のある透明、もしくは半透明のシートを貼り付けたりするものがありますが、ああいったシートの貼り付けにも両面テープで透明なものが役に立ちます。また、普通の両面テープは多少厚みのあるものが多いため、ぴったりと密着させるように使うことは難しいのですが、透明な両面テープは普通のセロハンテープやビニールテープなどと同じ程度の厚みのものが多いので、DIYの際に接着剤代わりに使うこともできます。

超強力な両面テープ(透明)

両面テープ透明で強力なものを探してみました。というのも、一般的な両面テープと異なり、両面テープの透明なものは十分な接着力が得られないものもあるからです。これは透明度を保つために、また台紙が透明なものはやわらかく粘着剤に厚みを持たせられないということもあって接着力がどうしても不十分であるということがあります。と同時に、粘着のための粘着剤の種類もことなるので、接着面の材質がシリコンやフッ素樹脂などだと粘着力が弱くなってしまうということがあるのです。さて、両面テープ透明の強力なものですが、主に粘着剤としてアクリル系の粘着剤が使われています。これはテープの透明度を保つためです。そして、実際に強力であるという触れ込みであっても、基本的にはこれは変わりません。ただ、実際に接着する物質の特性に合わせて粘着剤を調整してあるものが多いので(例えばガラスであったりプラスチックであったりといったような)接着面にあわせたものを購入するとよいでしょう。

3Mの両面テープ透明なもの

3Mの両面テープ透明なものを探しました。3Mというのは世界的に有名な化学素材、電気素材のメーカーで、例えばパソコンのフロッピーディスク(今はあんまり見かけなくなりましたね)とか、キッチンで使うスポンジなどに3Mのロゴを見かけることが多いと思います。そして、接着剤や粘着テープなども3Mの扱っている製品のひとつになります。3Mの両面テープ透明なものは特に強力で業務用などでも用いられることが多いなど、信頼性も抜群です。ホームセンターなどでも普通に手に入れることができるため、両面テープが必要な場合には、そのメーカーにも注目して購入するとよいでしょう。特に強力な両面テープが必要な場合、粘着力の弱い粗雑なものを購入してしまっては意味がないこともありますので。3Mの両面テープ透明なものは、貼ってはがせるタイプのテープから、一度だけ貼り付けできるタイプの強力なものまで、またテープの幅なども種類が豊富なので様々なシチュエーションで重宝します。ちなみにはがし方は、より強いもので重ねて取るといいですよ。

今日ラッキーニュース


おみくじは 


ラッキーカラーは すみれ色


ラッキーな場所は つり橋


本日は2014年10月31日です。現在、21時52分02秒。

スポンサードリンク

関連ページ